大鎧などに比べると実用向きの鎧|端午の節句に飾られる五月人形

五月飾りの形式と注意

人形

鎧の形式

五月人形というのは、端午の節句に飾られる五月飾りのうち屋内に飾る内飾りの一つで、鎧飾りや兜飾り、武者人形など多くの種類があります。主流なのは鎧飾りや兜飾りなど、甲冑を飾るもので、多くの場合は平安時代から室町時代にかけての大鎧や、胴丸などの形式になっています。大鎧や胴丸は格式の高い鎧とされており、煌びやかで壮麗な雰囲気を持つため、節句の祝いにはうってつけの鎧の形式と言えます。一方で昨今では戦国時代の当世具足にも人気が集まっています。当世具足というのは戦術が戦法が進化したことに応じて、それに対応するように作られるようになった鎧の形式ですが、大鎧などに比べると実用向きの鎧であるため五月人形としてはあまり用いられていませんでしたが、昨今の戦国ブームによって、有名武将の鎧を象った鎧への需要の高まりに応じて多く作られるようになりました。

贈る先のスペースも考えて

五月人形は男の子の初節句に合わせて贈られるものですが、多くの場合には両親のどちらかの実家が贈るというのが一般的です。どちらの家が贈るのかについては地域ごとに異なりますし、どちらか一方に負担が増える場合もあるので、相談して決めるケースも最近では増えています。どちらにしても五月人形を贈る場合に注意しなければならないのは、五月人形のサイズという点です。かつては段飾りと言って、五段や三段など階段状になった土台に鎧や刀、太鼓や陣笠などを飾る大型のものも多かったのですが、今では鎧だけや兜だけの飾りも増えています。また、取り回しのしやすさからケースに事前に入っているものも多くあります。現在では小さな住宅が増えており、大型の五月人形を飾るスペースがないことも多いです。また五月人形は飾らない時にはしまっておくスペースも必要ですので、小さな住宅に住まわれている人にとっては大型で華美なものを贈っても喜ばれない可能性もありますので注意してください。

端午の節句の人形飾り

端午の節句

五月人形には鎧飾りや兜飾りに武者人形などがありますが、格式を重んじる人は鎧飾り、省スペースなものを求める人は兜飾り、武具に拒否感のある人は武者人形などそれぞれの人気があります。端午の節句は元は中国の行事ですが、鎧などの五月人形を飾る風習は日本独自のもので、武家の影響が色濃い風習となっています。

読んでみよう

入学準備をするには

赤いランドセル

ランドセルは、どちらの実家が贈るのか決まりはありません。人気の商品は9月頃には売り切れてしまうこともあるほどです。カタログでチェックしておけば店頭で迷う時間も少なくなります。女の子のランドセルは男の子用よりバリエーションが豊かです。最近は費用だけ祖父母が出す場合が多くなっています。

読んでみよう

入学祝いといえば

2人の小学生

近年、防犯ブザーをつけている子が多いので、ブザーをつけるフックが手元に近い位置にあるかどうか、フックの耐久性などもランドセルを選ぶ際のポイントのひとつです。他に、女の子の場合、ファッション性も重要です。6年間大切に使ってもらえるよう、なるべく本人が気に入ったものを選ぶようにしましょう。

読んでみよう